新村印刷株式会社/会社沿革

1931年(昭和6年)
東京都神田三崎町に新村印刷所を創業。
1947年(昭和22年)
新村印刷所を新村印刷株式会社に改組。
1955年(昭和30年)
東京都千代田区飯田橋に新本社および工場新設。
1968年(昭和43年)
埼玉県狭山市新狭山に狭山工場新設、操業開始。
1973年(昭和48年)
狭山工場に紙器専門工場を新設。
1994年(平成6年)
狭山工場に紙器2号棟を増設。
当社独自のデータベースによるパッケージデザインシステムを開発・販売。パッケージ構造体での実用新案(後に特許)取得。
1998年(平成10年)
全紙検査装置、ブランクス検査装置を強化。紙器検査体制を確立。
2000年(平成12年)
狭山工場紙器関連部門、ISO9002の認証を取得。
CTPシステムの導入。
2002年(平成14年)
本社工場を狭山工場へ統合。
本社(除く、S&D部)、および狭山工場、ISO9001:2000の認証を取得。
2005年(平成17年)
東京都千代田区九段北に新本社新設。
2007年(平成19年)
FSC®-CoC認証取得(FSC-C002066)。
2010年(平成22年)
狭山工場に電動式移動ラック(レール式)を備えた倉庫を新設。
2015年(平成27年)
プライバシーマーク認証取得。

Copyright © 2010. NiimuraPrinting, All Rights reserved.  個人情報保護方針